琵琶湖・京都 1泊バス旅行

  • 2019.06.27 Thursday
  • 10:16

JUGEMテーマ:福祉施設

 

今年も、施設最大といっていいほどのイベント、1泊バス旅行に行きました

 

いつもは、11月に行っていたバス旅行を、今年から6月に変更して行くこととなり、6月22日〜23日に決定し行ってきました

 

今年も、利用者、ご父兄、職員、関係者で62名の大人数で、大型バス1台と中型バス1台で出発しました

 

初日は、琵琶湖博物館で琵琶湖の生態系などを展示してある施設を観覧しました

当初、時間を持て余すのではないかと心配していましたが、琵琶湖に住む魚や淡水にすむ動物なども展示されていたり、タッチプールや鮒ずしの臭い臭いを嗅げるコーナーもあり、大盛り上がりで楽しくすごすことが出来ました

2019 travel  2019 travel  2019 travel

 

その後は、15時に登場する「ひこにゃん」を見ることを主として、彦根城に移動しました

ゆるキャラブームの火付け役となった、ひこにゃんを目の当たりにすると、何とも言えないホッコリとした気分になり優しい気分になりました

また、ご父兄の中には、集合時間まで残り僅かにもかかわらず、猛ダッシュで彦根城に登城された方々もおられ、パワフルな姿を目の当たりにし見習わなくてはと思いました

   

 

そして、宿泊先の「かんぽの宿 彦根」に移動!

宴会の時間まで、それぞれの部屋で過ごした皆さんは、18時半から21時までの宴会の会場へ集合

江口理事長はじめ内藤施設長の挨拶のあと、元特支の先生 広畑様の乾杯の音頭で宴会が開始されました

食事もとても美味しく、会場も和やかになってきたころ、恐怖の!?もとい、利用者さんお待ちかねのカラオケタイムの開始

事前に登録された十八番を、みな得意げに披露する姿は、嬉しそうでもあり充実感たっぷりの雰囲気で熱唱していました

2019 travel  2019 travel  2019 travel2019 travel2019 travel2019 travel

 

明けて2日目は、琵琶湖大橋の袂にある、道の駅で昼食とお土産タイム

とはいえ、朝ごはんのビュッフェでしっかりと食べたので、お昼は食べられない人もいて、予定時間より早めに出発しました

2019 travel  2019 travel

 

そして、今回の旅行の目玉「京都鉄道博物館」に到着

広大な敷地に、SL、新幹線や寝台列車等々、JRならびに関西の私鉄各社の貴重な資料も展示されており、見ごたえたっぷり!!

予約していた、ジオラマ館の観覧では、1/80の模型が設置された施設に入り、様々な列車の説明を受けながら、列車運行に関することを楽しく勉強できました

当施設きっての鉄道マニア「杉本亮介君」が、車掌体験ブースに来て社内放送をしてくれましたが、世の中上には上がいるもので、その後に待機していた「THE鉄ちゃん」のグループが、同じく車内放送を実演してくれましたが、余りの完成度で口がポカ〜んと開いてしまいました

2019 travel  2019 travel  2019 travel

 

あっという間に、楽しい旅行も終わり、皆さまのお蔭で無事に帰宅することが出来ました

来年も、楽しい旅行に行けるように頑張っていきたいと思います

2019 travel

 

旅の思い出写真は、次のフリースペースに保存していますので、ご覧下さい

 ⇒ https://yahoo.jp/box/VBeGaS

(当ブログに掲載されている画像および上記無料ストレージサービスの画像等の無断転載はご遠慮下さい)

135Eネット・AUF連盟共催大会

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 13:10

JUGEMテーマ:福祉施設

JUGEMテーマ:フットサルで汗を流そう!

 

お天気が心配された、5/18(土)の13時から大会が開催されました

 

毎回、豪華な景品が並ぶ大会で、今回も明石市内の8施設93名が10チームに分かれてチームを作ってトーナメントを戦いました

 

泉市長様も、駆け付けていただき挨拶、始球式をして頂きました

 

R01 135E R01 135E

 

リーベの会は、FCレインボーとなないろの2チームに分かれて戦いました

 

R01 135E

 

3コートある大蔵海岸多目的広場は、笑顔あり、黄色い声援あり、悲鳴あり賑やかで華やかな大会となりました

 

R01 135E R01 135E

 

結果は、FCレインボーが5位、なないろが7位という結果となり、扇風機とファイル収納ケースを頂きました

 

これからも、健康づくりのため皆で楽しくサッカーを続けていきたいと思います

 

R01 135E

 

今回も、多くのぐ御父兄の皆さまに観戦いただき、パンも多く購入してもらいました

感謝、感謝です

 

思い出写真は、次のフリースペースに保存していますので、ご覧下さい

 ⇒ https://yahoo.jp/box/7UFOcH

(当ブログに掲載されている画像および上記無料ストレージサービスの画像等の無断転載はご遠慮下さい)

食堂オープン

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 12:41

JUGEMテーマ:福祉施設

 

5/13(月)よりプレオープンしていた、リーベの会が委託運営する食堂が、正式にオープンとなりました

5/18(土) 9:30より、明石総合福祉センターの本館にて、隣に建設された新館のオープニングセレモニーが開催されました

 

 

新館の1Fは、運動施設として社福)明桜会 様が運営し、2Fの食堂を当施法人が運営することとなり、運営当事者の代表として内藤施設長が挨拶を述べました

 

 

その後新館に移動し、市長はじめパラリンピック候補 別所様はじめ多くの福祉関係者の方々のテープカットが行われました

 

 

順次、新館施設のお披露目会となり、2Fの当食堂ではサンドウィッチでお出迎えしました

 

  

 

今後は、平日の10時から16時までオープンし、11:30から14:00までは厳選された材料を使用した日替わり定食を提供するので、皆さま是非お越しください。

祝!!令和

  • 2019.05.03 Friday
  • 10:55

JUGEMテーマ:福祉施設

 

GW真っ只中、5/4は休日出勤のため、数名の職員と利用者さん達とで仕事をしました

 

いつもより早めに仕事を切り上げ、ささやかながら、新元号 「令和」 を祝した宴を開催しました

 

個々に、ショートケーキとジュースを配り終えると、中川 副施設長の音頭で

 

令和

 

「かんぱ〜い!!」

 

令和

 

と、みんなで唱和し美味しく頂きました

創立20周年記念式典

  • 2019.04.18 Thursday
  • 14:26

JUGEMテーマ:福祉施設

 

2月10日 明石駅北側にある、グリーンヒルホテル明石 春喜の間にて、創立20周年記念式典を開催しました。

 

総勢170名を超える出席者の中には、日々お世話になっている明石市の行政関係の皆様や、お仕事先の皆様など、多くの方々にご出席いただきました。

 

江口理事長、内藤施設長の挨拶のあと、獅子舞のお目出度い舞により、会場の雰囲気もとても華やかな席となりました。

 

20周年記念 20周年記念

 

20周年記念

 

その後、利用者さん達が壇上に上がり、永年勤続表彰や在籍利用者の紹介などを行い、日ごろはニコニコと笑顔いっぱいの皆なも、少し緊張気味でした。

 

20周年記念 20周年記念

 

明石市社会福祉協議会 吉川センター長 様の乾杯の音頭とともに、豪華な料理に舌鼓を打ちながら、しばし談笑の時間が始まりました

 

20周年記念

 

お腹も膨れ、ほろ酔い気分の来賓の方々も見られ始めたころに、職員で歌手の杉山翔哉さんの歌が始まり、その後 平尾勇気さんによる歌の披露があり、とても楽しい式典となりました。

 

20周年記念

 

20周年記念

 

興奮冷めやらぬ中、利用者さん達の紙芝居と朗読で、和やかはふんわりとした雰囲気となりました。

極めつけは、今回の式典の目玉?ともいえる催し、杉本さんと藤井さんによる「裸の大将」を模した喜劇を行い、大いに盛り上がりました

 

20周年記念 20周年記念

 

閉会の前に、ご父兄の皆さまより、テント、テーブルクロス、折りたたみ椅子の寄贈品を頂き、施設としてとても嬉しく感謝の気持ちで一杯です。

 

20周年記念

 

これからも、みんなで力を合わせて頑張っていきますので、今後ともご支援、ご声援よろしくお願いします。

 

 

 

※20周年記念式典の思い出写真は、次のフリースペースに保存していますので、ご覧下さい

 ⇒ https://yahoo.jp/box/XmvTGM

(当ブログに掲載されている画像および上記無料ストレージサービスの画像等の無断転載はご遠慮下さい)

お詫び

  • 2019.04.04 Thursday
  • 15:09

ただいま、サーバーの契約等により、ホームページならびにブログの更新が遅れています。

 

もうしばらくお待ちください

クリスマス会

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 14:44

JUGEMテーマ:福祉施設

 

今年は、総勢90名を超える大人数でクリスマス会が開始されました

江口理事長、中山監事様より祝辞を頂戴し、内藤施設長の挨拶のあとにクリスマス会が開始!!

 

毎年、参加者が楽しみにしているビンゴゲームやクリスマスを盛り上げる歌の合唱などを行い食事タイム

その合間に、GHの建物のオナー 石井様より、参加者全員にお菓子のプレゼントとケーキのプレゼント頂きました

 

女性職員が前日より準備して下さったおでんやエビフライなどの揚げ物に加え寿司もありお腹いっぱい

さらに、GHの料理人 久保田さんによるサーモンとほうれん草のパイの包み焼やローストポークもあって大満足でした

 

食事の後は、歌手の好美さんや当施設の職員でシンガーソングライターの杉山翔哉さんが歌をプレゼントして下さりうっとりとした時間を過ごしました

その後、ご父兄も参加して、わさび入りのパンを食べたのは誰だ!!や平成にじ教育員会という漢字を作っていくゲームなどもやって大盛り上がり

 

そんな、楽しい催しの中、日ごろから練習に練習を重ねた、「発音発生レッスン 春名教室」の成果を発表するべく、幾班にも分かれて朗読を披露してくれました

今年は、三方さん、山本さん、市薗さんと新しいメンバーも参加して、日ごろは見れない緊張感一杯の顔が見れて良かったです

 

そうこうしているうちに、あっという間に4時間以上経過して、最後のお楽しみのケーキを食べながらのプレゼント交換と、江口理事長、中山監事様からのプレゼントの贈与とボーナスの受け渡しを行いました

 

今年も盛りだくさんで、楽しいクリスマス会となりました

 

 

楽しいクリスマスの写真を保存していますのでご確認ください

   ⇒ https://yahoo.jp/box/0Ybx8N

(当ブログに掲載されている画像および上記無料ストレージサービスの画像等の無断転載はご遠慮下さい)

徳島 1泊バス旅行

  • 2018.12.06 Thursday
  • 11:21

JUGEMテーマ:福祉施設

 

更新が遅くなりましたが、今年も、11/24(土)〜25(日)と1泊のバス旅行に行きました

 

利用者さん、職員ならびに御父兄の皆さま、バス2台 68名で出発!!

 

 

初日は、徳島伝統の浄瑠璃を見学しました

担当の方より、浄瑠璃の成り立ち人形の説明などを聞いた後、実際人形にも触れさせていただき素晴らしい体験が出来ました

 

その後、阿波おどり会館へ向かい、阿波踊りの実演を見学したりお土産を買ったりしました

特に、阿波踊りの実演見学は、阿波踊りの魅力を間近で体験できて感激したうえ、残り15分ほどは舞台に上がっての阿波踊り体験を行いました

数名の利用者さん達は、舞台に上がり楽しそうに踊っており、見ていてとても嬉しく思いました

 

いよいよ、ホテルに到着し夜の宴会が始まりました

毎年、利用者さん達は舞台上での歌の披露を楽しみにしており、誇らしげに歌う姿は、日ごろの仕事の姿とは違って笑顔いっぱいで楽しそうでした

最後に、宴会場でも阿波踊りを踊れたことは、とても良い思い出となりました

  

 

 

明けて2日目は、大自然を満喫できる大歩危・小歩危峡方面に向かって出発!!

 

まずは、祖谷のかずら橋

大自然の中に架かるかずら橋は、数名の利用者さん達は怖くて渡れないほど高く、さらに足元も歯抜けの状態なので怖さが倍増されており、渡る前は威勢の良かった利用者さん達も、橋の手すりにしがみ付きながら屁っ放り腰で渡る姿は、滑稽でしたが良い思い出になったことでしょう

 

その後、昼ご飯を食べるために大歩危峡のレストランに移動し、美味しい料理を頂いた後に、各々に大自然を満喫しました

 

今年は、体験型のバス旅行になったこともあり、とても思い出深いものとなったと思います

これからも、日ごろの仕事を利用者さん・職員 全員で励み、来年も楽しい旅行へ行けるよう頑張ってまいります!!

 

旅の思い出写真は、次のフリースペースに保存していますので、ご覧下さい

 ⇒ https://yahoo.jp/box/d6we2q

(当ブログに掲載されている画像および上記無料ストレージサービスの画像等の無断転載はご遠慮下さい)

H30 ふれあいバザー

  • 2018.12.06 Thursday
  • 10:34

JUGEMテーマ:福祉施設

 

今年も、作業所周辺の皆さまへの感謝と、交流を深めることを目的としたバザーを行いました

 

今年も来場者の皆さまに、食パンをプレゼントさせてもらいました

 

また、アツアツのソーセージやヤキソバに善哉、当然なないろのパンも並び、来場者の方々の胃袋を満たしていただきました

 

さらに、ご父兄の皆さまから提供いただいた雑貨・衣料の販売や、野菜の販売もあってとても多くの皆さまにご来場いただきました

 

これからも、地域の皆さまにご理解・ご支援いただきながら頑張っていきます!!

 

 

ふれあいバザー ふれあいバザー

 

ふれあいバザー ふれあいバザー

江口理事長の本が完成!!

  • 2018.10.25 Thursday
  • 10:42

2年前より執筆活動をされていました本が遂に完成し、10/24から発売されています

 

「阪神淡路大震災の支援へのお礼がしたい。」
そんな被災地からの声が集まって1998年11月2日にできた、AMDAネパール子ども病院。今年11月に20年を迎え、75万人の母子が病院を訪れ、5万人を超える赤ちゃんが誕生、その間にネパールの乳幼児死亡率は3分の1に低下し、地域に無くてはならない病院となりました。まだまだ継続して病院への支援が必要ですが、記憶の風化とともに寄付は少なくなっているのが現状です。
「ネパールに子ども病院をつくりたい。」
そんなネパールからの研修医の夢に最初に応えたのが、篠原明先生でした。そんな彼を襲ったのが悪性リンパ腫という病気でした。しかし、残り少ない命を全て病院建設に捧げ、1996年11月21日、彼はあの世に旅立ちました。

 

 

そんな思いを受け、江口理事長は本の製作し販売することで、その意思を受け継ぐため続けてこられました

ついに思いが現実となり、発売される運びとなりましたが、街中の書店での販売はされておらず、「Readyfor」といわれるクラウドファンディングという形でのみ販売されています

クラウドファンディングとは、活動に賛同される方がお金を出し合い、その活動を支援し皆で作り上げ達成するという仕組みです

今回は、江口理事長の「ネパールに子ども病院をつくりたい。」という思いを本を製作し販売するという形での活動となりますので、多くの皆さまにご賛同いただきご支援お願いいたします。

支援方法として、当作業所へ申込みいただきますと、責任をもって当作業所が一括で申込みいたしますので、ご連絡ください

連絡先 FAX:078−911−7851 メール:nanairo@nike.eonet.ne.jp

また、個人で申込みされたいという方は、「Readyfor」 https://readyfor.jp/projects/18656 にまずは会員登録していただき、申込みよろしくお願いいたします

 

  ◎ネパール子ども病院20年落語小説 「極楽八景亡者戯」 1冊 3,000円

  

  ※その他、5,000円〜200,000円のコースもありますので、詳しくは「Readyfor」 https://readyfor.jp/projects/18656  でご確認ください。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM